2013年11月14日

道具がなくても気合いと根気で!手作りクッキー

今回は久々のスイーツレシピです!

検索していたら『袋1つで出来る簡単クッキーレシピ』を発見し、
やってみようと思ったものの…


量りがない…。( ̄□ ̄)


以前チーズケーキやらマフィンやら作った時は、
引越し前の家だったので、量りがあったんですよね〜…。


色々調べてもお菓子作りは、材料の計量が必須と…。


しかし、燃え上がったカナダごはんのやる気は“量り”如きには負けません!( *`ω´)



さぁ、量りなしでどうなるか!?w
120食目、手作りクッキー作りに挑戦です。


<材料>
・小麦粉(出来れば薄力粉)
・砂糖
・バター(もしくはマーガリン)
・ココア
・卵


<作ってみる>
1.まずはレシピに沿って、薄力粉120gと砂糖40gを混ぜたいのですが…
量りがないので、計量カップで。
gをccに直すと…薄力粉 225cc砂糖 60ccとのことなので
計量カップを使って、ザックリ計って混ぜてみる。

P1010417.JPG



2.次は、バター60g…。これは計量カップでも無理なので
昔買っていた「切れてるバター」が確か、1片10gだったのを思い出して…
同じくらいの大きさを6切、袋に入れて、もみもみ…。

P1010418.JPG



3.本当なら生地っぽくなるはずなのに、いつまで経っても粉っぽいままなので、
バターを3切れ足してみる。


4.それでも粉っぽいので諦めて、ボールに移してこねるが
まだ粉っぽいので、バターを更に追加。
それでも粉っぽいので、分量外の卵黄を足し…
それでも粉っぽいので、さらにバターを足し…

やっと生地っぽく!!

P1010419.JPG




5.こんな適当な手順にも関らず、今回は市松模様にしたい!w
という事で、生地を半分に分けて、片方にココア大さじ3を追加。

再び粉っぽくならないよう、願いつつ、気合いでこねるとなんとかブラウンの生地に。

P1010420.JPG



6.生地をそれぞれジップロックに入れ、
厚さ1cm程度で同じくらいの大きさに成形し、冷蔵庫へ。

P1010421.JPG




7.30分後、各生地の両面に、卵白と水を混ぜた物を塗って重ねて接着する。


8.しっかりくっついたら1cm弱の厚さに切って、市松模様になるように、それぞれを合体する。

P1010422.JPG



9.それぞれをラップに包んで、冷蔵庫で1時間以上冷やす。
※ちなみに、この状態で冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月程保つそうです。

P1010423.JPG



10.カチカチに固まったら、好みの厚さに切って、オーブンシートの上に並べる。

P1010437.JPG




11.170℃(340F)のオーブンで25分焼いて、完成!!

P1010440.JPG



どうなる事かと思いましたが、無事にできました〜!!

しかし…「量り」はあるに越したことないですね。。。( ̄▽ ̄;)


もうすぐクリスマスなので、
次はジンジャークッキーかな〜♪(´ω`*)

と思ってはいるのですが…
量りなしでいけるか…悩みどころです。。


明日も美味しいものが食べられますように…。
ごちそうさまでした。

お役に立ったらクリックを!
面白かったらクリックを!
どっちでもないけど、応援してあげる!
これからに期待!
まぁまぁだけど応援しないこともない
あまりに必死なので協力してあげる。

ご協力ありがとうございます。゚(ノ∀`*)゚。


ありがとうございます!

posted by カナダごはん at 20:13 | Comment(0) | 手料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。